読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるやかな坂をのぼって

ジャニオタのキロクとキオク

ジャニオタ(ブイ担)社会人の応援スタンスについて

ジャニオタ応援スタンスの記事が面白いなぁ~と興味深く読んでいた矢先、友人から「アンタのオタク活動に制限はないの??」と聞かれ、わたしなりの応援スタンスを熱弁してきたので、備忘録としてここにも書くことにしました。

 

 

担当:V6 三宅健さん

V6を好きになって約10年。

岡田担をしていた期間の方が長いけれど、三宅担になってからの方が「好きになってよかった!」と感じることが多い。いつもファンが期待する以上のクオリティーのものを与えてくれる三宅さんが大好き。ファンの気持ちを汲み取る努力をしてくれる三宅さんが大好き。三宅担、オタク冥利に尽きる。

KAT-TUNは沼に落ちた矢先に田口くん脱退により自担不在、グループは充電期間……

というわけでV6についてのみ書きます。

 

 

ワタシの基本情報 

30代。九州在住。滝沢歌舞伎ロス中……。*1

仕事はシフト制のためお盆も正月もGWも一切関係ない。

休み希望や有休はほぼ申請通りに受理される(とはいえ、スタッフ間で休み希望が被ると調整が必要なので事前の根回しが必須)土日、祝日より平日の方が休みやすいため、ここ数年ブイが土日にコンサートをするのがちょっとツライ……。

 

 

オタクをする上でのモットー

・身も心も軽やかであれ

・オタク事で怒らない

・人は人、自分は自分

 

「 オタク事=お金のかかる趣味」(←あくまでもわたしの認識)

趣味は楽しむためのものであり、生活に活力と潤いをもたらすものだと思っているので基本的に楽しくありたい。

だから、自分が好きなものに対してネットやSNS上で必要以上に負の感情を露わにしているのを見るのが苦手です。わたしだって理不尽に感じることや悔しかった事はあるけれど、それを表に出したって状況は何も変わらない。オタクは義務ではなく自分が好きでやってる事だから愚痴や不満は言いたくない。ただただ楽しみたい。好きなものに対して「可愛い」「カッコいい」「男前」「大好き」と言っていたいのです…。

 

全買い、全ステをして満足する人もいればCDは1種買いで1公演入れば満足する人もいるし、上を見ても下を見てもキリが無い。人それぞれ、オタク環境も満足する度合いも違う。

だからわたしは、わたしの時間とお金の許す範囲でオタク活動をする。諦めるときはサクッと諦めるし、どうしても譲れない時は可能な範囲で全力で努力する。

あと、何だかんだで周囲の方々に助けてもらってる面があるので、自分が力になれることがあれば積極的に声を掛けるようにしてる。オタク is 助け合い活動。

 

 

雑誌を買う基準

グループで載ってるもの、三宅さんが載ってるものは基本的に買う。それ以外は、ページ数やビジュアル、インタビューの内容次第で購入を決める。

20周年は雑誌ほぼ全買い状態で部屋に雑誌タワーが常在してたので、滝沢歌舞伎関連はかなり厳選するつもりでしたが、結局ほぼ買ってます……だって、どの雑誌も三宅さんスタイリッシュかつビジュアルが仕上がってる……。雑誌ラッシュでもう何の雑誌を買ったかわからなくなって適当にポチッたり書店で目に付いたときに買ったりするから同じ雑誌が何冊かある…… 管理能力ゼロ。

  

いいの、いいの…鑑賞用と保存用にするから……

  

連載があるNYLONは読めるページが全く無い……おばちゃん、あの雑誌に載ってるお洋服着れない……でも、三宅さんのお写真が素敵なのでとりあえず買う。買い忘れることも多いから定期購読。*2

Hanakoも買う。地方在住だから下北沢も吉祥寺も行かないし、オアフなんてこれっぽっちも興味無いし絶対に足を踏み入れる土地ではないことは百も承知だけど買う。

三宅さんが美しいから買う。

ただそれだけ。

 

 

CD、DVD

基本的に全形態買います。

特典内容ほぼ把握できてないし、ポスターもよくわからないけど全形態予約。

ブイに関しては、わちゃわちゃしてる6人も好きだけど、やっぱり歌って踊る6人が大好きなので初回盤を買っても特典映像は半分も見ずに本編ばかり見るという宝の持ち腐れ状態…。じゃあ、通常盤だけ買えばいいんじゃないの?と思うかもしれないけど、いつ特典映像を見たくなるかわからないのでとりあえず予約して買う。

 

 

現場

「ビールとジャニーズは生に限る!」

と思ってるので、コンサート、三宅さんの舞台については

 

行きたいと思ったらとにかく行く!!

お金と日程が許す限りどこまでも行く努力をする!!*3

 

その分、自担以外の舞台は基本的に行きません(福岡公演がある場合は別)

九州在住だと、基本的に遠征になるためその辺はシビア。

例外として、剛くんの舞台については「これだけはどうしても観たい!譲れない!行きたい!!」と思った場合は行っても良しとしてます。

 

もちろん、自担以外の舞台も観たいという気持ちはあります。

しかし、地方の民は関東在住の方々よりも時間とお金に制約がある。もしメンバーの舞台を申し込んだ後に三宅さんの舞台の発表があったら…と考えると居ても立っても居られない。発狂する。

三宅さん以外であれば「まあ、観なくても生きていけるからいっか♪」と割り切れるが、三宅さんに関しては観ないと生きていけない…廃人になってしまう……(真顔)

 

どうせなら、三宅さん関連に体力とお金を全力で使いたい。

わたしが払ったお金が三宅さんのキレイな衣装の繊維の一部になるならば本望……

 

あとは単純にジャニーズ以外の現場にも行きたい。

とりあえずチケット代だけで済む葉加瀬太郎の地元公演にも行きたい。

 

移動手段は新幹線よりも飛行機を使います。遠征=観光+食も楽しむものだと思ってるので、時間をお金で買って全力で楽しみます。

 

 

グッズ

うちわ、ペンラ、パンフ、フォトセットは必ず買います。

他はデザイン次第で購入を決めます。

ポスターはどんなにビジュアルが良くても買いません。仮に買っても筒状のままクローゼットの片隅に追いやられるのがいとも簡単に想像できるから……*4

 

20周年コンサートのグッズはデザイン的に購買意欲が沸かず……若いお嬢さんたちが「V6のグッズ可愛い~♡」とキャッキャしながら買ってるのを遠くから微笑ましく眺めておりました。

どうしてもあのミジンコ柄ペイズリー柄みたいなのが高校生の時にお弁当を包んでたハンカチを彷彿させたんだよ……ごめん。

 

しかし、20周年なのにグッズが買えない…どこにお金を使えばいいの…???と考えた末「1公演につき1三宅さんフォトセット」という意味不明なスローガンを掲げたために三宅さんのフォトセットだけは大量にあります。*5アルバムをめくってもめくっても同じ顔の三宅さんが並んでる…三宅さん、とても可愛い(満足)

 

 

以上がわたしの応援スタンスでした。

 

人それぞれ環境は違うけれど、基本的に快適で楽しくオタク生活を送っていけたらいいなぁ~と思ってます。

そして、わたしも来年あたりはゆるゆる~っとしたオタクになれたらいいな…と密かに思ってます。*6 

 

*1:暇さえあればMaybeを聴きながら歌詞を眺めて黄昏る日々

*2:まだ届いたまま未開封状態のNYLONが2冊ある

*3:20周年も歌舞伎も想定外のチケット難だったけど…

*4:滝沢歌舞伎のポスターは集合も個人も喉から手が出るほど欲しかったけど買いませんでした…三宅さん、ホント、カッコよかった…

*5:何だかんだで友人に会うために会場に行った日も買った

*6:無理